一括査定サイトVS不動産会社へ直接相談

一括査定サイトのメリットとデメリット

不動産会社を選ぶとき、一括査定サイトを利用するのと、不動産会社へ直接相談するのと、どちらの方法を選んだほうがよいのでしょうか? それぞれに長所と短所があるため、どちらの方法で不動産会社を検討するのか、ご自身のニーズに合わせて判断しましょう。こちらでは、一括査定サイトの特徴や、直接相談と比べたメリットとデメリットをご紹介します。

一括査定サイトとは

不動産の一括査定サイトとは、複数の不動産会社へ、一括で査定依頼ができるウェブサイトのことです。売り主は一括査定サイトを経由して、不動産会社へ査定依頼をすることになります。

一括査定サイトでは、サイトの入力フォームに査定を検討している物件の情報を入力することで、簡易的な査定が行われます。サイトを通して複数の不動産会社に依頼すると、その後に不動産会社から連絡が入り、各社の査定結果を比較検討するという流れで利用します。

一括査定サイトの特徴は、無料で利用できることです。サイトの運営者は、査定依頼をする不動産会社から顧問料という形で報酬を得ているため、売り主が費用を負担することはありません。ネット環境さえあれば、自宅から簡単に複数社への査定依頼ができます。

一括査定サイトのメリット

一斉に複数社に依頼ができる

一括査定サイトを利用すれば、まとめて複数社への査定依頼ができます。複数社の査定結果を比較することで、より良い条件でのマンション売却を実現しやすくなるでしょう。また、各社の競争意識が働くことで、査定価格が高まる効果にも期待ができます。

その一方で、不動産会社に直接相談する場合では、自分で各社に1件ずつ連絡を入れる必要があります。複数社の査定結果を比較したいときは、何社にも連絡を入れる手間がかかるため、結果として査定依頼をする件数自体が少なくなりやすいといえます。

依頼の手間がかからない

一括査定サイトは、サイトの入力フォームに必要な情報を簡単に入力するだけで、複数社への査定依頼ができます。不動産会社へ足を運んだり、電話を入れたりする必要がありません。ネット環境さえあれば、いつでもどこでも査定依頼ができるのがメリットです。

それに対して、不動産会社へ直接査定を依頼する場合には、営業時間内に電話をかけたり、店舗を訪れたりすることになります。特にお仕事でなかなか時間を取れない方は、複数社に査定依頼をするだけで、かなりの手間を感じてしまうかもしれません。

適正価格なのかが分かる

不動産会社の査定結果が、相場と比べてあまりに高すぎたり安すぎたりする場合、悪徳業者である可能性が疑われます。一括査定を行うことで、複数の不動産会社の査定結果から相場が見えると、適正価格がどれくらいであるのかがひと目で分かるようになります。

不動産会社へ直接相談した場合ですと、比較対象が少ないことから、相場からかけ離れた査定結果を提示されていてもそれに気づけません。初めてのマンション売却で適正価格を知るためにも、一括査定サイトで比較検討しておくと安心です。

一括査定サイトのデメリット

候補を絞って断る必要がある

一括査定サイトでは、複数の不動産会社にまとめて依頼をするため、採用しなかった複数の不動産会社に断りの連絡を入れなければなりません。多くの選択肢のなかから比較検討できるのは便利ですが、候補を絞る段階ではやや面倒に感じられることもあるでしょう。

不動産会社に直接相談した場合では、そもそもそれほど多くの件数の査定依頼をしていないケースもよくあり、候補を絞る手間はより少ないかもしれません。ただし、この場合も依頼した不動産会社の数だけ断りの連絡を入れる点は同じです。

営業電話が増える

一括査定サイトを利用すると、複数の不動産会社とのやり取りが始まるため、必然的に営業電話が多くなります。あくまで自分で申し込みをした不動産会社からの連絡ではありますが、候補を絞るまでは面倒に感じられるかもしれません。

不動産会社へ直接相談をしても、営業電話自体はかかってきます。一括査定サイトよりも査定依頼の件数が少なければ、それだけ営業電話も少ないかもしれませんが、基本的には不動産会社に査定依頼をすれば営業電話が来ることに違いはありません。

登録されていない会社は検討できない

一括査定サイトにはすでに数多くの不動産会社が登録されていますが、すべての不動産会社が登録されているわけではありません。万が一、サイトに登録されていない優良業者があった場合、登録されていない会社はサイト経由で検討できない点に注意しましょう。

一括査定サイトに登録するためには、都道府県知事免許や国土交通大臣免許が必要です。登録されていないものの、気になる不動産会社がある場合には、一括査定サイトを利用しつつ該当する不動産会社のみ直接相談をするという方法を検討しましょう。

不動産会社への直接相談のメリット

自分にあった会社に絞って相談ができる

直接相談をする場合は、依頼主自身で相談先の不動産会社を探すことになります。一括査定サイトの場合はサイトによって希望しない会社にも査定依頼してしまう、該当エリアが含まれていない場合などがありますが、直接相談する場合はご自身でチェックするのでこれらのニーズから外れることがありません。

特定の相談したい会社がある場合は、その会社が登録されている一括査定サイトを探すよりも直接相談した方がスムーズです。地域密着の地元の会社も一括査定サイトに登録されているとは限らないため、直接相談になる場合があります。

相談する会社の数を調節できる

一括査定サイトのメリットとして、一度に多くの不動産会社に依頼できることが挙げられます。しかし、便利だからと安易に多くの会社に依頼をすると、その分査定後に候補を絞り、お断りをする作業が煩雑になるでしょう。また、依頼したすべての会社から営業電話がかかってくることも想定しておかなければなりません。

直接相談をする場合はその会社とのやりとりに限られるため、件数を調整できます。無理なく吟味した会社に集中して検討したい方に向いた方法でしょう。

直接対応のため会社の姿勢が見えやすい

マンション売却成功のコツとして、信頼のできる不動産会社、営業担当を見つけることは最大級のポイントです。直接相談をする場合、初回の連絡方法はサイトや電話・訪問などさまざまですが、いずれも直接その会社のスタッフとやりとりをすることになります。一方、一括査定サイトの場合は登録不動産会社との直接のやりとりに切り替わるまで、サイトの定型的な対応しか確認できません。

スタッフの対応を直接確認できれば、その会社の顧客への姿勢や営業方針などを判断する重要な材料を得ることができるでしょう。

細かな査定や相談対応が期待できる

一括査定サイトの場合、サイト内の決まった査定依頼フォームに沿って不動産情報と個人情報を入力し、一斉に査定依頼をします。そのため、依頼主が不動産用語やPC操作に不得手であったり、不動産について個人的な事情があったり、特殊な物件であったりした場合、一括査定の段階でそれらを踏まえた査定を依頼することはできません。

直接相談をする場合、このような場面で個々に合わせた対応を受けられることが期待できます。そして、その際丁寧なヒアリングや分かりやすい説明を受けられたならば、今後の契約への判断材料にもなるでしょう。

不動産会社への直接相談のデメリット

自分の調査力に左右される

直接相談をする場合、相談先を見つけるのは依頼主自身です。そのため、インターネット・口コミ・広告・紹介などさまざまな手段のなかで、条件の合う不動産会社を見つけられなかった場合は相談自体ができません。またご自身がフィルターとなるため、怪しい業者や誇大広告に惑わされない判断力が必要です。

依頼方法が会社によって異なる

一括査定サイトと異なり、依頼方法はサイト内の査定依頼フォームへの入力とは限りません。規模の小さい不動産会社であれば、サイト内に査定依頼フォーム自体を用意していない場合も考えられます。また、同じように査定依頼フォームに入力する場合でも、入力項目や入力方法は不動産会社によって異なるでしょう。

このように会社によって依頼方法が異なるため、各社確認が必要でしょう。また、査定依頼フォームへの入力が複雑で困難な場合は、電話や訪問など別の方法で依頼できないかも確認・問い合わせしてみてください。

適正価格が見えにくい

複数の査定額を知ることができる一括査定サイトと異なり、直接相談の場合は相談した件数分しか査定額を知ることができません。大多数の方は少ない依頼数になるため、一括査定サイトよりも偏った結果になりがちです。依頼先が一社の場合は、適正価格の判断ができません。

そのため、不動産会社に根拠や説明を求めたり、事前に相場から査定額の予想を立てたり、予想額と乖離した結果の場合は一括査定サイトの活用をしたりして、適正価格を判断する必要があります。

大手不動産会社と地域密着型不動産会社の違いは?

大手不動産会社にするか地元の業者を選ぶかで迷っている方もよくいらっしゃいます。大手と地元業者には、それぞれ異なるメリットがあります。

大手不動産会社について

大手不動産会社の長所は、豊富な情報を持っていることです。大手のほうが物件情報を多く持っているイメージがあるため、多くの買い主はまず大手を利用します。購入希望者がたくさん集まってくるため、買い手と売り手をすばやくマッチングできるのです。ただし、駅前に支店のない地域の情報は、大手でもあまり持っていません。

メリット デメリット
・購入希望者が多く集まる傾向が強い。
・広告宣伝費を豊富にかける。
・最新の動向を知っているケースがある。
・価格よりも売却期間を優先されることがある
・地域特有の状況の把握は地元企業に劣る。
・限定した地域での物件が苦手な傾向がある。

地域密着型不動産会社について

地元の不動産会社は、地域の情報をたくさん持っています。地域の特性を理解しているため、物件の魅力を効果的にアピールできます。ただし、大手よりも広告にかけられる費用は少なくなり、地域以外の情報は薄めなのがデメリットです。 駅前に大手の支店がある地域なら大手を、大手支店のない郊外にある物件なら地元の業者を選ぶことをおすすめします。

メリット デメリット
・会社独自の情報を持っている。
・社長が直接対応することもあり、親身になってくれる人が多い。
・片手仲介に徹してくれる可能性が高い。
・買い情報が大手ほど多くない。
・得手不得手がある。
・最新の動向については大手に比べると弱い傾向がある。

地域密着型マンション売却専門店はイーナリンクがおすすめ!

株式会社イーナリンク

専門的で積極的なプロモーション活動を実施しており、ホームインスペクション(住宅診断)による高値の査定額と、ホームステージング(専門的なインテリアコーディネート)と高度な仕上がりの撮影写真による高い反響が、顧客満足度90%以上を裏付けています。大阪市内でマンション売却を検討される方は、「株式会社イーナリンク」への依頼をお勧めします。

まとめ

複数の不動産会社を比較しながら、まとめて検討できるのが便利な、不動産の一括査定サイト。より良い条件でマンション売却したいときに便利なサービスですが、メリットだけでなく利用する前に知っておきたいデメリットもあります。不動産会社へ直接相談する場合と比べながら、ご自身のニーズに合った査定方法をお選びください。

関連ページを記事を見る

おすすめ不動産会社の紹介

PAGE TOP